ミレニアル世代の宿泊施設

ミレニアル世代は、主に1980年以降に生まれた所有とシェアを合理的に使い分け、多様価値観を持つ世代のことらしい。1980年生まれの人口は157.7万人、1990年生まれは122.2万人、2000年生まれは119.1万人と年々少なる。2016年には100万人を下回る人口となるのである。人口の減る中、どう工夫しお金を落としてくれる設備仕様にするかは課題で若い年代の飛び越えた発想しかないのではないか?施設では、こうしたミレニアル世代の嗜好に合わせ、既存のホテルやオフィス・住居という定義に捉われない合理性と多様性と自由を追求している。定住型のアパートも少なりなりむしろホテル型のタイプに住み続ける若い層が多くでのではないかと思う。携帯にすべてのデータがあり、通帳や印鑑も要らない社会、身分を証明するものはすべて数字(個人番号)などとなり、将来不安である。トランクに着替えなどで入れてホテルに近いこのようなスタイルで定住をしない住みやすい環境。芸能人なら少し想像がつくが、一般の庶民もできるとなれば、気分を変えてやってみた。そうなると通常の収益アパートやマンション、ましてや高い戸建てなどに住まなくなるのだろーか?住宅ローンなどもなくなる時代がなるのだろーか?モノを持たない断捨離世代がニュー令和時代になるのだう。モノ売れない時代、古い人間(経営者)は売るは営業の仕事と言う、それで経営が務まるのだろうか?そのな考えでは続かないのでは・・・モノが簡単に売れない時代だからこそ販売に「力」を置かず売れる商品だけつくるのである。収益アパート物件では例えば新築10%以上の利回りの物件であったりする。収益物件の不動産投資はモノの前に利回りありきの世界である、利回りが低ければが打席に入るチャンスすらない。利回りが大きな基準であり、指標とする金融商品である。工場勤務で工業製品の単一品を作っているわけではない。