住宅地価動向

野村不動産アーバンネットは2019年7月1日時点の首都圏「住宅地価動向」の調査結果を発表した。調査地点は168ヵ所。 19年4~6月期の平均変動率はプラス0.1%(前回マイナス0.04%)と3四半期ぶりにプラスとなった。エリア別にみると、東京都区部と東京都下で上昇だったものの、神奈川県、埼玉県、千葉県は横ばいでの推移となった。

 168地点中、「値上がり」したのは7.1%(同2.4%)、「横ばい」は91.1%(同92.3%)、「値下がり」は1.8%(同5.4%)と、値上がり地点が大きく増加し、値下がり地点が大きく減少した。首都圏エリアだけは市場の状況はわかりにくいが、地価の上昇は落ち着きをだしているように思える、但し、現場はまだ高値が継続中で、買い手の食種があまり動いていない状況のように思える。買い手が鈍化傾向にあるのではないでしょうか?消費税増税前にあれば以前は購入傾向であった市場も数回の消費税UPでなれてきたのであろうか? 市場の動向を見守りたい。埼玉県内でビビッドに反応しやすいエリアがある。市場的には県南エリアで川口戸田蕨など東京の影響を非常に受けやすい。

こちらの市場の価格が落ち着けば、少しは土地値が下がる傾向と言えよう。

 首都圏エリア平均の年間変動率は、プラス0.2%(同プラス0.3%)とわずかながら上昇幅が鈍化した。「値上がり」地点は18.5%(同19.0%)、「横ばい」地点が73.2%(同71.4%)、「値下がり」地点が8.3%(同9.5%)と、天井感も出てきている。