岩附城

岩槻には城があり、中世戦国時代より城下町として栄えいた。平山城で別名浮城や白鶴城などの名称もある。1965年ごろから始まった区画整理事業により城下町の名ごりの地名もなくなったところもある。が市宿が商店街の名称になったり、大工町は町内会として名前を残している。以前は三の丸や新曲輪町などあったようです。いまでも本丸1丁目から4丁目や城町1丁目・2丁目と地名を残すものがある。太田氏により築城された経緯(成田氏との説もあり)があり岩附城が出てくる有名な話は河越夜戦や戦国時代の豊臣秀吉の小田原征伐で登場する。そのよな歴史のある岩槻は戦後、廃藩置県で県庁の候補ともなってた。もし岩槻が県庁ともなれあば、かなりの交通網も変わったのだろう。この時期は朝顔市が行われ地方の特産品なども販売されるツアーも開催予定です。今では人形の街として3月のひな祭りには多くの人が訪れる。2020年2月22日には人形博物館をオープン予定で、岩槻の人形文化を深めている。不動産案件の約1-2割ほどは人形関連の土地のような気がする。以前は倉庫として使っていた土地やお客様用の駐車場など案件に上がっていた記憶がある。人口も2005年から110,000人と安定し、野田線(アーバンパークライン)岩槻駅も1日の乗降客数は36,000と安定している。西口にも乗降客口ができ、人のながれも少し変わっていった。ワンルーム1K相場は45,000円で推移している。岩槻駅の西側は地盤がいいところもあるが、東口10分圏内で言えば、南側エリアで地盤が弱いところが多い、地盤は調査しなとわからい部分もありが、周辺の環境や状況を確認することも重要となる。坪単価50万台で買える土地が地盤補強などでもっと経費が掛かる場合もある。他の地域春日部・上尾と比べると若干企業の社宅が少ないような気がする。周辺に集まる企業にもよるが岩槻インターなどもあり運輸業が多いようです。