空き家 再生 上尾

上尾市

上尾市は人口200,000人を超える中核都市です。農業も盛んに行われ麦などの畑も多くあります。京浜東北線のJR上尾駅開通と共に発展して大手の大規模工場も多数あります。また2020年秋ごろには愛宕エリアに大規模の商業施設の出店計画があります。(敷地面積:約68,000㎡、延床面積:約50,000㎡、総賃貸面積:約34,000㎡、建物構造:RCSS造地上2階、専門店数:約130店)空き家率は県内48位の9.0%と県平均の10.7%を大きく下回っている。運用や世代間ギャップの少ない地域が多いのかもしれません。とは言え古い物件(戸建て住宅)も多い地域です今後おそらく築40年50年近い物件が多く出る地域でもあります。その際にどのようなことに気を付けてリフォームすればいいでしょう??

また金額はどのくらいかかるでしょうか??

再生の費用

通常40年50年たった物件で一番大切なことは耐震補強です。40~50年前の物件は脆弱と言えます。また配管に金属性のものを使用している場合もあり、腐食が進行している場合もあります。そのような点に注意してリフォームリノベーション工事を行っていければと思います。再生して利用する最大のメリットはコストです。規模にもよりもますが、新築をつくる場合30坪で1500万以上かかるでしょう。最低限のリフォーム工事であれば300万~500万で済んでしまいます。これは目的によって金額が変わると言えます。例えば、賃貸戸建て住宅として運用する場合、最低限度のリフォーム工事でキレイ・清潔感のあるリモデルを目指します。また自己使用する場合は少し機能性まで重視してリノベーションをしたものです。快適な空間を作るため断熱性や調湿性を高めたリモデル工事を目指しますのでやはり500万~800万は計画にいれなければなりません。もっと大掛かりなリモデル工事はスケルトン状態にして自分にあった住空間を目指して工事を行いますので1000万近い費用はかかります。上尾市公示価格瓦葺106,000円、緑丘130,000円、浅間台120,000円、柏座137,000、小敷谷117,000円谷津148,000円参考にしてください。