空き家再生築年数

‹ 戻る: 空き家 再生 築年数との関係

空き家を再生する場合築年数はリノベーション工事には欠かせない事で、昭和58年がキーポントとなります。重要なカギとなりますので考慮してリノベーション工事にあたります。

空き家を再生する場合築年数はリノベーション工事には欠かせない事で、昭和58年がキーポントとなります。重要なカギとなりますので考慮してリノベーション工事にあたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*