長期修繕計画付き インスペクション

さくら事務所は、アパート・マンションを1棟所有し経営する個人オーナーを対象にしたサービス「長期修繕計画付き インスペクション」を開始した。 ホームインスペクターが投資物件の劣化状況などを確認し、物件の状況にあった長期修繕計画を作成するサービス。収益物件での事前の改修はほとんど行わない。なぜなら単純で減収になるからだ、収益物件アパートは金融商品です。改修して高くうることよりも現状で指値をうけた方がいい。また10年前後改修は理解できるが、30年後の改修は不要でむしろ新築に切り替えたほうがより、時代にあった物件になり、収益性が上がる。むしろ推奨するなら、コンパクト修繕と日々のメンテナンス強化である、日々の清掃に加え、1歩進んだ管理を提唱し、そこから細やかな修繕をすることである。もと物件は輝き、収益を生む。収益物件では、金融機関の融資の際に、不動産の収益性や事業性を証明することが有利な武器となることから、建物のコンディションを中立な専門家が調査し、調査結果を元に長期修繕計画を作成する。建物の状態に基づいた綿密な事業計画が作成できるほか、管理会社が作成した長期修繕計画の妥当性が分かる。