空き家再生 番外編

|

トレーラーハウスについて 「土地はあるから、もうひとつ小さな家を建てたいのだけど、固定資産税がなあ、、」とお考えの方などに、いま、固定資産税がかからない家として「トレーラーハウス」が話題です。 トレーラーハウスは本当に固

空き家再生 納税猶予

|

納税猶予 今回ご紹介している相続税や贈与税の納税猶予制度の特例を受けるには所定の手続きが必要になります。各自治体によって手続きが決められていますが、おおよその流れは同じです。 おおまかな手続きは、相続税や贈与税が発生した

空き家再生 特例

|

特例の条件 これまでご紹介してきた納税猶予の特例を受けるための該当条件についてお伝えしていきましょう。 この条件について簡単に申し上げれば、すでに上記でご説明した「被相続人の要件」及び「農業相続人の要件」、さらに「特例農

空き家再生 農地・生産緑地の納税猶予

|

農地・生産緑地が納税猶 それでは何故このような農地や生産緑地に対する相続税や贈与税の納税免除制度の特例が生まれたのか、その経緯についてお伝えします。 この制度が生まれたのは昭和50年(1975年)ですが、農地への課税評価

空き家再生 農業相続人

|

農業相続人の条件 農業相続人の条件としては、相続税の申告期限までに農業経営を開始しており、その後も継続して農業経営を行う方、生前一括贈与を受けた受贈の方、相続税の申告期限までに特定貸し付けを行った方のいずれかとなっていま

空き家再生 生産緑地

|

生産緑地 生産緑地となる対象地区ですが、生産緑地法上の要件を満たしている農地などのうち、その農地の所有者が申し出および関係する権利者の同意を得て、地方自治体が将来的に残しておくべき農地や緑地などを指定することで定められま

空き家再生 相続税 農地・生産緑地の納税猶予とは?

|

相続税 農地・生産緑地 農地や生産緑地と呼ばれる土地には相続税や贈与税の納税猶予制度というものがあります。 これは法律の要件を満たしている農地や生産緑地が相続あるいは贈与される場合にその課税が猶予されるという特例です。

空き家 再生 まとめ工法

|

ログハウス ログハウスは北米、ヨーロッパはもちろん、日本でも正倉院宝庫でログハウスの工法が採用されるなど、世界中で古くからある工法です。 山小屋や別荘地などに建つ家というイメージがありますが、最近では都市型ログハウスなど

空き家 再生 プレハブ工法

|

コンクリート系プレハブ工法 鉄筋入りのコンクリートパネルを工場で生産し、建築現場で接合しながら組み立てていく工法です。 コンクリートパネルを床、壁、天井に組立てていく壁式工法でプレハブ住宅の一つになります。 コンクリート

空き家 再生 木質系プレハブ工法

|

木質系プレハブ工法 床や壁を工場で生産された木質パネルで組み立てる工法のことをいいます。壁式構造の一種で、木質パネルのなかには断熱材や下地材までが入っているのが特徴です。木質パネルを接着剤や釘によって強くつなぎ合わせ、壁